洗車用品 - 【洗車でピカピカ】

洗車用品

ここまでで、洗車が車にとってどれだけ大切なものかがお分かりになったかと思います。見た目をきれいにするだけではなく、車にとっても大切なことなのですね。車が汚れているのは見た目も悪いし、だらしなく見えますが、きれいにしているだけで車に乗るときも気持ちがいいですし、恥ずかしくありませんね。では、洗車をするときにはどんなものが必要なのでしょうか。せっかく洗車をしても、使っているものが悪ければ、きれいにするはずの洗車も、車に傷をつけてしまうことになってしまいます。洗車の方法は【手洗い洗車】を参考にしてください。ここでは洗車を行うときに、最低限必要なものを紹介していきます。

スポンジ

洗車

洗車に必要なものといえばスポンジでしょう。持ちやすいようにひょうたんのような形をしています。新品だとどうしてもスポンジが固めで使いにくいですが、何度も使って行くうちに柔らかくなって手にも馴染み、塗装面にも傷をつけにくくなります。1度購入したら何年も使うような感じでいいでしょう。できれば2個用意しておくといいですね。

洗車ブラシ

洗車ブラシ

ひとくちに洗車ブラシと言っても、様々なものがあります。ブラシ部分の硬いものは、塗装面を傷つけてしまいますので、柔らかいものを選ばなければいけません。洗車ブラシの柄の先にホースをつなぎ、水を出しながら洗車できるブラシもあります。ブラシ部分の種類も豊富で、ナイロンのものから馬の毛で出来たもの、植物でできたものなど、色んな種類のものがあります。

セーム革

セーム革は鹿の革のことを指し、とても柔らかくて傷もつきにくく、貴金属やめがね拭きなどに使われています。傷がつきにくいから洗車にも向いているかというと、そうではありません。吸水性があまりなく、水に濡れると滑りにくくなり、ヌルヌルしていて水分の拭き取りにはあまり向いていません。 洗車に使われるセーム革は人工のもの、合成セーム革です。傷がつきにくくて柔らかいというセーム革の特徴を生かし、洗車に使えるように吸水性や耐水性を持たせたものが合成セーム革です。 たたんでタオルのように使うのではなく、大きく広げて車のボディを滑らせるようにして使います。水分を吸水したら絞って何度でも使うことができます。使い始めは乾燥して硬くなっていますので、1度バケツなどに入れて水分を含ませ、絞ってから使います。

カーシャンプー

カーシャンプー

よく、台所用洗剤を洗車に使っている人がいるようですが、あまり車によいこととは言えません。中には研磨剤が入っている台所用洗剤もありますので、塗装面を傷つけてしまいます。きちんと車用のカーシャンプーを使いましょう。 弱アルカリ性の研磨剤の入っていないものがいいでしょう。できれば香料など、余分なものは一切入っていないものを選ぶようにしましょう。リンス剤の入っているタイプもあり、中には泡が立たないタイプのカーシャンプーもあります。

仕上げクロス

極細繊維のマイクロファイバーのクロスなどが仕上げ用としてオススメです。大きくて使いやすいからと言って、バスタオルなどを仕上げ用として使うのは絶対にやめましょう。せっかくきれいに洗いあげた車に、最後の最後で傷をつけてしまうことになります。ホームセンターやカーショップに行くと、『仕上げ用クロス』『WAX拭き取り用クロス』として販売されていますので、そういったものを使うようにしなければいけません。『鏡面仕上げクロス』は、塗装面を鏡面のように仕上げてくれます。目で見て分かりにくいWAXの拭き残しなども防ぐことができますので、1度使ってみるのもいいかもしれませんね。