いろんなワックス - 【洗車でピカピカ】

いろんなワックス

あなたはどんなワックス剤を使っていますか?洗車をしたあとはワックスがけをしたいけれど、洗車で体力を使ってしまってワックスをかけたいけれど面倒臭い……そんな人もいるでしょう。本格的にかけるものから手軽にかけられるものまで、ワックスには様々な種類があります。

固形WAX

固形ワックスはクリーナー成分を含んでいません。洗車のあとにワックスをかけるので、クリーナーの働きはいりませんね。固形ワックスは、濡れたようなツヤを出してくれるので、固形ワックスのファンは手間がかかる割には多くいるようです。固形ワックスの特徴として、水の上でよく伸びますので、洗車後に多少水分が残っていたとしても、全く問題ありません。

ボディが乾いている場合は、霧吹きで水を吹きかけてあげたり、スポンジに水を含ませてからワックスを取るといいでしょう。撥水性はとてもよく、雨が降ると水の玉になってコロコロと流れていきます。

固形WAXのデメリット

ワックス効果

固形ワックスは撥水性がよく、濡れると水の玉ができますが、これがレンズの役割をしてしまい、ウォータースポットを作りやすくしてしまいます。ですから濡れたら早めに拭き取らなければいけません。 また、他のワックスに比べて耐久性はあるのですが、お湯を使って洗車したり、カーシャンプーで油脂成分が溶け出してしまうため、洗車するたびにその効果は薄れます。

拭くだけWAX

拭くだけワックスは、車にスプレーして拭き取るだけで、汚れを落としながらワックスもかけられるという優れもの!と言うものです。洗車が不要なのですが、あまり汚れた車だと、拭き取るのに大変な重労働となりますので、それほど汚れていない車向きといえるでしょう。出かけるけれど洗車をしている時間がない。という時に向いているのかもしれません。

汚れと同時にワックスをかけるというものですから、拭き取るクロスはすぐに汚れてしまいます。汚れたままのクロスで拭き取っていると、塗装面に傷がついてしまいますので、何枚もクロスを消費することになります。効果ですが、簡単にできる分、ツヤも耐久性もそれなりと考えておいた方がいいでしょう。簡易的なものだと考えていればいいのかもしれません。

拭き取りなしWAX

普通、ワックスをかけたら乾く前にふき取って磨きあげますが、拭き取りなしワックスは、拭き取る工程が必要ありません。洗車したあと、クロスにワックスをつけて磨くだけです。拭いているときはワックスが白っぽく残りますが、すぐに乾いて分からなくなりますし、ムラにもなりにくいというメリットがあります。ワックスの伸びもよいので塗りやすく、作業が楽です。

反対に、クロスについたワックスはベトベト感がありますので、取替え用のクロスが数枚必要になります。 仕上がりのツヤはシリコン系のワックスをかけたようなツヤが出ます。耐久性もそこそこあり、拭き取りがない分、塗装面に傷をつけることもありません。手間がかからずに気軽にワックスをかけたいときに便利です。

ノータッチWAX

ノータッチワックスは、洗車をして水を拭き取る前にノータッチスプレーをして、あとは普通に拭き取るだけのワックスです。スプレーすると、かかった部分がすぐに玉になるので分かりやすいです。全体的にかけてから拭き取るのではなく、部分的に拭きとって行きましょう。そうしなければムラになりやすくなります。コーティングや固形ワックスをかけたあとの洗車に使うと、ワックスの効果が長持ちします。ツヤはそこそこ出ますが耐久性はありません。次の洗車まで持続すればいいという感覚でいるといいでしょう。