ガラス - 【洗車でピカピカ】

ガラス

車のフロントガラス、曇って困ることってありますよね?汚れているからウォッシャー液を出してきれいにしようと思っても、ワイパーの筋がついてガラス面に縞がついてしまい、反対に視界が悪くなることもありますよね。車のガラスも、ただ洗車しただけでは落ちない汚れがあるのです。また、目に見えない傷も考えているよりも付きやすく、気づいていない人もいるでしょう。対向車のヘッドライトが反射するとよく見えますので、夜間などに確認してみましょう。

油膜取り

ワイパーをかけるとビビリがきになることがありませんか?ワイパーがスムーズにガラス面を滑らずに、引っかかりながら動くアレです。これはワイパーのゴムが劣化しているか、油膜が原因で起こります。油膜がついていると水のはじきが悪くなり、夜間は対向車のライトが乱反射して、視界が悪くなります。一度ついた油膜は洗車では簡単に落ちません。この場合、油膜取りの専用クリーナーを使って油膜を取ります。油膜がついているだけで視界が悪くなり、運転していてもイライラしてしまいますので、洗車をしたついでにガラスもきれいにしましょう。

油膜取りのかけかた

青いボディの車

洗車をして大まかな汚れを落としたら、油膜取りクリーナーを用意します。スポンジを濡らし、専用クリーナーを適量取ります。ガラスに塗り広げますが、このときガラスが液体をはじきますので、はじかなくなるまでしっかりと塗っていきます。はじきがひどい場合には、クリーナーを追加して塗っていきます。塗り終わったら水で流しましょう。油膜をとった後は全く水をはじかなくなっていますので、できれば最後にガラスコーティングをするといいでしょう。

それでも落ちない場合

消毒用エタノール

油膜取りクリーナーをかけても、効果が出ない場合、それは油膜ではなくてシリコンかもしれません。他の車が跳ね上げた水や、屋根から落ちてきた水などに含まれていて、家庭用のガラスクリーナーを使った場合にもシリコンが含まれて、光が乱反射するようになります。もしシリコンが原因であれば、ガラスコンパウンドを含んだクリーナーを使うか、消毒用エタノールで拭き、濡れタオルとから拭きで仕上げます。消毒用エタノールはガラスに直接かけないで、スポンジやクロスにとって使います。

ガラスをコーティング

ガラスコーティングをすると、撥水効果とガラスへのシミ付着防止、ワイパー傷からの保護の効果があります。撥水すると雨が降ってもガラスの上を水の玉が転がっていきますので、ワイパーをかけるうっとおしさも減りますし、雨によるシミやワイパー傷を減らすことも出来ます。ガラスを保護することでガラスをきれいに長持ちさせます。自分で手軽に行えるものもありますが、1度プロに依頼し、その後、効果を持続させる意味で、簡易的なコーティングを自分で行うのもいいでしょう。

ガラスコートの工程

RX-8

ガラスのゴミや油分、軽いウォータースポットや小さな傷を専用工具で取り除き、しっかり洗い流します。次にコート剤を塗り、ドライヤーで暖めます。暖めることで効果が一層とアップします。最後にしっかりと拭きとって終了です。

加工後のお手入れ

洗車用クリーナー

ガラスコートの効果を維持して行くために、きちんとお手入れをしていきましょう。ガラスが汚れた場合は水洗いをし、湿ったクロスや布で拭くようにします。油膜を取るときは純正クリーナーを使用します。汚れがついたままだと撥水効果が低下しますので、汚れがついたらきれいにするようにしましょう。

専用ワイパーを

ガラスコーティングを施したら、ガラスコート専用のワイパーにしましょう。撥水されたガラス面は、普通のワイパーでは摩擦抵抗が高くなってしまい、ビビリが発生しやすくなります。ガラスコート専用のワイパーはシリコンブレードやグラファイトブレードだとビビリも少なく、ガラスコーティングの耐久性もよくなります。