ちょっと一手間 - 【洗車でピカピカ】

ちょっと一手間

洗車をして車内もきれいに掃除して、きれいで気持ちのいいドライビングができますね。そこでちょっと一手間かけるだけで、運転がもっと快適になります。カー用品店に行くと、様々なグッズが販売されていますので、時間があるときに覗きに行ってみませんか? 車の見た目を磨くことばかりを考えてしまいがちですが、車は窓とタイヤさえきれいにしていれば、汚れて見えないって知っていましたか?もちろん限度を超えた汚れだと論外ですが……。

ガラスに曇り止めを

雨の日や湿気の多い日には、車内のガラスが曇ってイライラしたことってありませんか?エアコンをかけてみたり、吹き出し口をデフロスターに合わせ、風量を一番強くしてみたり……。こんなことをしていても、フロントガラスの曇りはとれても、他のガラスは曇ったまま。なんてことが結構あります。ガラスが曇るのは、付着している汚れも原因ですので、窓の内側をきれいに掃除してみましょう。洗剤が残らないように、しっかりと2度拭きしなければ、残った洗剤成分も曇りの原因になります。それでも曇るようでしたら、曇り止めクリーナーを使用します。

窓が白っぽい

白っぽく視界の悪い窓

エアコンを作動させても何をやっても窓が白っぽく、視界が悪いときがあります。これは曇っているのではなく、内窓が汚れているのでしょう。車内でタバコを吸う習慣のある人は、内窓を白っぽくしているのはヤニでしょう。頑固な汚れですので、1度や2度ふいただけではきれいに落ちないかもしれません。また、拭き取り方が雑だと、益々視界が悪くなってしまいますので、しっかりと拭き取るようにしましょう。

消臭剤

ハンドル

車の中の臭い、気になりませんか?特に、エアコン送風口から出る風が臭うことがあります。車内にこびりついたタバコの臭いやカビ臭さなども気になりますよね。車用の芳香剤で誤魔化すという手もありますが、根本的な解決にはなっていません。臭いの元を断たなければ何の意味もありません。 効果的なのは煙のでる燻煙剤タイプの消臭剤です。除菌、消臭、抗菌効果のある煙が噴出し、スプレー式の消臭剤よりもはるかに細かい成分が、シートやマットの隙間、エアコンの内部など、車内隅々まで行渡り、衛生的になります。

こうやって消臭したあとに、車の芳香剤を置くといいでしょう。車用の消臭スプレーもありますので、一時的に使用するにはいいかもしれませんね。 このようなものを使っても臭いが気になる場合、オゾンやバイオを使って脱臭するプロに依頼するしかないかもしれません。

内装ワックス

外装はもちろんのこと、車内がきれいだと乗っていても気持ちがいいですし、たとえ古い車でも、古さを感じさせません。内装ワックスをかけると、ダッシュボードなど、あらゆるところがきれいに輝きを取り戻します。車の中までワックスをかける人は少ないかもしれませんが、この一手間で車の中がガラリと変わります。定期的に行うことで、常に車内が清潔感に溢れますので、自分以外の人を乗せる時も恥ずかしい思いをすることはないでしょう。

使用方法は、ウエスなどに内装ワックス剤を適量スプレーし、樹脂部分などに塗るだけです。メーターパネルやエアコンの操作パネルには、引掻き傷のようなものがつきやすいのですが、内装ワックスを施すことで、嘘のように傷がめだたなくなり、ツヤや輝きが出ます。もちろん、ピラーやサイドモールにも使用できますので、ぜひピカピカにしてみてください。車の乗り降りする際、とても気持ちがよくなります。傷も目立たなくなり、輝きを取り戻すのですから、やらない手はないですね。