車内 - 【洗車でピカピカ】

車内

洗車で車の外装をきれいにしたら、次に車内もきれいにしましょう。フロントガラスの内側などは、人工セーム革などで拭いてみると、驚くほど汚れています。気づかないだけで、車内もけっこう汚れているのです。洗車をしてきれいな車でも、車内を見るとゴミやホコリだらけではいけませんね。ダッシュボードなどを拭き掃除するのはもちろんですが、どうせですから徹底的に掃除しちゃいましょう。

フロアマット

フロアマットは、はずして全部外に出しておきましょう。固定用のフックでフロアからはずれないようになっていますので、ゴミやホコリを落とさないようにはずしましょう。フロアマットをはずしたあとのフロアは、意外とゴミが散らばっています。ゴミやホコリ、土や砂などが付着していますので、布団叩きの要領で、汚れを叩き出しておきましょう。 汚れを取るには、水をかけながらタワシなどでこすると汚れが取れやすくなります。洗い終わったあとのマットはよく乾かしてから車内に戻しましょう。洗車場ではフロアマットを洗う機械がありますので、利用してみるのもいいでしょう。

マットをはずしたら

マニュアル車の足元

フロアマットをはずしたら、ペダルやステップの汚れを落とします。タワシを使って、溝に入り込んだゴミや泥を書き出すようにして掃除します。シートの下や横にあるレバーなども思いのほか汚れていますので、きれいに掃除しましょう。マットを取り除いたあとのフロアには、泥や小石が落ちていることが多々あります。吸引力の強い掃除機で吸い取り、きれいにしましょう。

掃除機

タコメーター

車の中は、意外とゴミやホコリだらけです。吸引力が強いので、洗車場にある掃除機はオススメです。まずは車内全体にたまったゴミやホコリを掃除機で取り除きましょう。シートだけではなく、メーター部分や細かい部分も掃除機をかけていきます。ノズルを取り替えられるのであれば、シートの隙間や送風口などは細いノズルを使って掃除機をかけましょう。

シート

家族でドライブ

小さな子供がいる家庭の車では、ジュースやお菓子をこぼして、シートがけっこう汚れています。革のシートだとクリーナーを使って車内ワックスをかけて……などと出来ますが、革製シートではない場合、汚れを諦めていませんか?プロに清掃を依頼するという手段もありますが、ある程度の汚れは自分でも落とすことが出来ます。シートクリーナーも市販されていますので、使ってみるのもいいでしょう。

革製シートの場合

革製シートの掃除は、基本的に乾拭きになります。手垢などが取れない場合、『弱アルカリ性』となっている住居用洗剤を数滴たらしたバケツの水を固く絞ったタオルで拭き、すぐに乾拭きするようにします。

布製シートの場合

布製シートの場合、軽く叩いてホコリを車外に出します。髪の毛や掃除機でも取りきれなかったゴミをローラーで粘着タイプの掃除用具や、ガムテープを使って取り除きます。 ジュースやコーヒーをこぼしてしまったときは、すぐに拭き取らなければ中々落ちにくくなりますが、シミになってしまった場合は、シミ抜きを試してみましょう。

1.油性のシミの場合は、『ベンジン』である程度とることができます。布にベンジンを含ませて汚れを軽く叩くと、汚れが布に移ります。

2.ベンジンで取りきれなかったりシミが残る場合、一度乾燥させてから『台所用洗剤』を水で薄めて汚れをかきだし、布に汚れを移します。

3.ここまで試しても取れないシミは、『消毒用エタノール』を使います。ヘラを使ってかきだすようにして取り除きます。

4.これでも取れない頑固なシミは『オキシドール』を使います。オキシドールを少量つけてヘラでかき出すことを数回繰り返します。これで徐々にシミは薄くなります。

トランクルーム

目につきにくい場所なので、トランクルームを開けたら物だらけでぐちゃぐちゃ。なんてことになっていませんか?まず、トランクルームに入れている物を整理しましょう。闇雲に物を突っ込んでいるのであれば、ホームセンターなどでコンテナなどを購入し、1つにまとめてしまいましょう。カーシャンプーなどを含ませた布を固く絞り、内側を拭いていきます。