タイヤ・ホイール - 【洗車でピカピカ】

タイヤ・ホイール

洗車をワックスやコーティングをし、車はピカピカなのに足回りはドロドロ……これではきれいな車も台無しですね。色がくすんでしまったタイヤやアルミホイールも、きれいでピカピカに変身させることができるのです。どうせ洗車をするのですから、車も足回りもピカピカにしちゃいましょう。

タイヤをきれいに

子供に車の絵を描かせてみると、タイヤは真っ黒に塗りつぶすでしょう。イメージの中で、タイヤは黒いものだということが頭にインプットされています。そこで、愛車のタイヤを見てみましょう。真っ黒ですか?なんとなく白っぽくくすんでいませんか?茶色っぽく変色したようになっていませんか?それは、洗車してもタイヤに油分が残っていたり、汚れが落ち切らないでいる証拠です。タイヤも手入れすることで、真っ黒でツヤのあるタイヤになるのです。

タイヤをクリーニング

ピカピカのタイヤとホイール

洗車が終わったら、タイヤもきれいにしてしまいましょう。タイヤの汚れにはタイヤクリーナーを使いますが、台所用のマジックリンでも代用できます。タイヤに軽く水をかけた後、たっぷりの泡をこれでもかというくらいに吹きかけましょう。数分後には茶色い汚れが浮き上がり、泡が汚れを包み込んでいるのが目で見て分かります。 汚れが浮いてきたところで、洗車ブラシを使って茶色い汚れが出なくなるまでよく洗います。しっかりと汚れが落ちたらクリーナーが残らないようにしっかりと流します。 最後にタイヤコーティングなどの艶出し剤を塗ります。専用のスポンジでコート剤を丁寧に塗りこみます。コートすることで、紫外線からのダメージでのタイヤの劣化や変色を防ぐことが出来ます。これでツヤのある、黒々としたタイヤが誕生します。

ホイールをきれいに

車に合わせて、アルミホイール選びにこだわる人も多いでしょう。せっかくお気に入りのホイールをはいていても、輝きもなく、くすんだままではこだわった意味がありません。ホイールもきれいにピカピカにすることが出来るのです。

汚れの正体

ピカピカのアルミホイール

アルミホイールが汚れるのは、ブレーキパッドのカスによるものです。2枚のディスクを挟んで止める構造になっているブレーキですが、ブレーキをかけると接触している部分が熱を持ってパッドが少しずつ削れます。これは鉄粉です。高温になっているブレーキパッドから出た鉄粉が、アルミホイールに付着するのです(この鉄粉はタイヤにも付着します)。

アルミホイールのクリーニング

アルミホイールの汚れ

鉄粉や走行時の汚れで、アルミホイールはかなり汚れます。安いものでもないですし、車の足元を飾るものでもあるので、きれいにしてあげましょう。 まず、カーシャンプーなどで大まかな汚れを洗車ブラシで落とします。洗車ブラシは毛の柔らかいものを使いましょう。力を入れてゴシゴシこすると、ホイールに傷がついてしまいます。バケツに残っている、洗車したときの洗剤で十分です。大まかな汚れが落ちたら、鉄粉除去剤を使って、ブレーキパッドのカスの鉄粉を取り除きましょう。

まんべんなくスプレーを吹きかけると、液が紫色に変わってきます。これでホイールに付着している鉄粉が浮き上がってきます。 次に、軍手をはめてスポンジにカーシャンプーを取り、十分に泡立てて鉄粉除去剤がついたままのホイールを洗います。スポンジが届かない細かい部分は軍手の指先でこするようにしましょう。ハブラシを使う場合は、柔らかい毛のハブラシを使うようにしましょう。最後に水でしっかりと洗い流して水分をふき取ります。驚くほどにホイールが輝きを取り戻します。できればコーティングをしておくと、汚れが付きにくくなります。