基礎知識 - 【洗車でピカピカ】

基礎知識

洗車に基礎知識?ただ洗って汚れを落として拭き取ればいいんじゃないの?そう思っている人は本当の車好きではありませんね?車の輝きを維持するためには、洗車の方法だけではなく、季節や環境も関係してくるのです。いつまでもきれいな状態で愛車を乗りこなすために、洗車の基礎知識を頭に入れておきましょう。

洗車の環境

洗車日和だと、天気の良い日になると車を洗うチャンスです。だからと言って、炎天下で車を洗ってはいけません。炎天下では車体が高温になってしまい、洗うためにかけた水はすぐに乾いてしまい、イオンデジポットと言うシミになってしまいます。台所のシンクにできる水垢のようなものです。もちろん洗剤もすぐに乾いてしまいます。

洗剤が乾くと、洗剤ザンシクレーターというシミに変身してしまいます。WAXもムラになって水垢の原因になりますし、拭き取りようのタオルもすぐに乾いてしまいますので、車体に傷をつけてしまうことになります。天気が良い日の洗車は気持ちのいいものですが、車にとっては決して良くないことなのです。洗車に適しているのは、風が吹いていない、早朝か夕方、できれば曇っている日がいいでしょう。

どうしても晴れた日がいい!

晴れた日の洗車

気分的に、どうしても晴れた日に洗車がしたい場合、夏場だとどうしても炎天下になってしまいます。その場合、1人で洗車しないで、2人で洗車しましょう。水が乾かないように絶えず車体が濡れた状態にし、一気に拭くようにしましょう。

紫外線の影響

紫外線の影響

太陽光線の中に含まれる紫外線は、車体にどんな影響を及ぼすのでしょうか。 車についている汚れは、泥やホコリの他に、酸性雨や鳥のフン、鉄粉などがあります。これらは車にダメージを与えますが、紫外線を浴びることによって、小さなダメージから大きなダメージへと変わってしまいます。 車体に汚れをつけたまま、長時間紫外線に晒してしまうことで、車体の塗装面を紫外線が酸化させ、侵食や変色を進めてしまいます。しばらく洗車ができないのであれば、チリやホコリでも紫外線のダメージを受けてしまいますので、駐車するときは木陰や屋根付きの駐車場に車を止めておくようにしましょう。

雨に注意

天候として、雨が降ることはおかしいことではありません。自然に対しても雨は大切なものですし、降らなければ困るものでもあります。けれど、雨と紫外線、大気の汚れなどがタッグを組むと酸性雨となってしまい、様々な弊害が生まれ、車にとってもやっかいな雨になってしまいます。 酸性雨は、大気の中の汚れが上空に向けてヒートアイランド現象で舞い上げられ、紫外線で酸化されたものです。酸性雨が降ると、車に付着していた汚れが酸性雨の酸を吸収し、蒸発することで酸性の濃度が上がります。

その後、雨が降っても流れないので、さらに紫外線を受けて酸化が進むことになります。酸化した汚れは、車体表面を侵食し、デコボコを作ってしまいます。 要注意なのは、雨が降った後、カラっと晴れた天候のときです。車体にこびりついた酸はしっかりと蒸発して残っています。降り始めの酸性度が一番高いため、自然乾燥しないで、雨があがったあとはなるべく早く洗車を行うようにしましょう。

雨染み注意!

雨染み注意

雨上がり、車に丸い輪染みができていることがあります。黒い車でも白い車でもとても目立ちますね。こうしたことを防ぐためにも、コート剤を塗布しておくといいでしょう。ただし、油脂系のコーティング剤は酸化で車体を傷めることにもなりかねませんので、油脂系ではないものがオススメです。